知っておきたい 日本における乳がんの現状

乳がんの確率は年々増加傾向にあり、女性がかかりやすいガンの1位です。
現在世界では年々乳がんの患者が増えており、アメリカでは8人に1人、日本でも2008年の時点では16人に1人でしたが、現在はさらに増え、14人に1人と言われています。

それでも「私には無関係」と思っていませんか?

上記のようなデータがあっても、多くの人が「私はあてはまらない」「自己管理をしているから大丈夫」と検診を先延ばしにしがちです。

CHECK! あてはまる人は要注意!
  • 基本的に健康
  • 仕事を持っている
  • 子育てが終わった
  • 独身である
  • 身近にがんになった人がいない
  • ある程度の乳ガンの知識がある
  • 相談できる人がいない
  • 乳ガン検診の経験あり
  • 自分で乳ガンの異常を発見した
  • 精神的基礎疾患がある
  • 豊胸手術を経験
  • 生命保険に未加入
ページの先頭へ

マンガでわかる乳がんの現状

つづきはこちらから